返済を滞納して事故情報が載ってしまった。これっていつまで残る?

借り入れたお金の返済が滞ってしまうと大変です。なぜなら、滞納した事実が事故情報として記録されてしまうからです。事故情報とは消費者金融会社から借り入れたお金の返済が滞ったり、携帯料金の支払いを滞ったり、決められた日までにお金を支払わなかった場合に残ります。

 

この事故情報は、お金を借り入れた先だけではなく、信用情報として消費者金融などお金を借り入れることのできる機関で共有されることになります。そして事故情報がある場合は、新たにお金を借り入れることが出来なくなる可能性があるのです。

 

例えば消費者金融での未払いが原因で事故情報が記載されている場合、消費者金融でお金を借り入れることが出来ないだけではなく、クレジットカードを発行できなかったり、住宅ローンを組むことが出来なくなったりするのです。

 

事故情報は一般的にブラックリストに載ったなどと言われることもあります。

 

心配なのはこの事故情報がいつまで残るのかですよね。新しく借入れを行いたかったり、クレジットカードを作りたかったり、さらに住宅ローンを組みたいと考えているような場合、あの時の事故情報はどうなったのか不安になるものです。

 

事故情報はいつまで残るか、はっきりと定まっているわけではありません。しかし一般的には、事故情報は5年残ると言われています。滞納してしまい督促が来てから、5年は事故情報として残ってしまうのです。

 

ですから5年は新たに借入れを行ったり、クレジットカードを作成したり、住宅ローンを組むことが難しいかもしれません。しかし、5年経過すれば事故情報は消えると言われていますので、新たな借入れも出来るようになるでしょう。

 

それまでの間に出来ることは再び返済が滞ってしまうような事態を作らないことです。なんらかの事情で支払いが遅れるような場合は事前に相談し、計画を見直すなど対策を行いましょう。

 

5年の間に事故情報を新たに残さないようにと考えると短いようで長いですから、気をつけましょう。