返せなくなったら逃げられる?消費者金融の取立てから逃げる方法

消費者金融からお金を借りたものの、返済が苦しく生活が困難になってしまい、どうしたらいいのか分からなくなってしまっている人も中にはいるでしょう。
消費者金融から借りたお金を返さずに逃げることは出来るのでしょうか。

 

結論から言えば、消費者金融から逃げるのは簡単なことではありません。簡単に逃げられると思っているのであれば間違いです。

 

しかし、方法がないわけではありません。
もちろんすごく厳しいですし、借り入れたお金は返済するのが義務ですから、こんな方法もあるんだなと思うだけに留めてくださいね。

 

もちろん、実際に実行するのはとても難しいですから、簡単に逃げられるわけではありません。

 

実行厳禁。こうすれば返済から逃げられる

消費者金融から逃げるためには、借金の時効を待つという方法があります。

 

借金の時効は、5年です。住宅ローンなどの長期ローンではその限りではありませんが、消費者金融で借り入れたお金であれば5年と考えて間違いないでしょう。

 

5年間、1度も借金の返済を迫られず返済すると約束しなければ時効を迎えます。ただ、返済しないまま時間が過ぎたのではダメなのですね。
ですから、返済を迫る電話に出たり、手紙を受け取ったりしてもいけません。

 

またその際に、返済しますと言ったり、少し待ってくださいというような、返済を匂わす発言をしてもいけません。もし、このようなことがあれば最初からやり直しです。

 

住所変更もせず、電話も解約し、職場を辞め、自分の居場所が知られなければ5年後に時効を迎えるというわけです。

 

そして5年が経過した後、消費者金融に時効が成立したので、返済はしないということを伝えなくてはなりません。
ただ5年が経過しただけでは時効が成立されませんので注意してくださいね。

 

この方法も必ずしも確実なものではなく、途中で裁判を起こされてしまう場合は時効の中断となり期間が伸びてしまいます。

 

時効を待つのは、それだけ難しい方法なのです。もちろん、条件をクリアすれば不可能ではありません。