生活保護を受給しているけどお金が借りたい・・・そんな時はどうすればいい?

生活保護を受けている場合はお金を借り入れることは出来ないのでしょうか。

 

大手の消費者金融会社などでは、生活保護を受けていることによって審査が通ることはまずありません。

 

では、生活保護を受けていればお金を借りたいと思っても、どこからも借り入れることは出来ないのでしょうか。

 

銀行や消費者金融など一般的にお金を借り入れる際に検討するところでは、お金を借り入れることは出来ないと思っていても間違いありません。

 

しかし、絶対に借り入れられないわけではありません。

 

生活保護を受けていてもお金を借り入れることが出来る可能性はあるのです。

 

それは、街で行っている生活福祉金制度です。

 

この制度を利用することが出来れば、たとえ生活保護を受けていたとしても、返済の意志があればお金を借り入れることが出来るのです。

 

覚えておきらい、生活福祉金制度

この制度は誰でも利用することが出来るので、覚えて置くと便利です。

 

この生活福祉金制度は、生活保護を受けていたとしてもお金を借り入れることが出来るもので、連帯保証人も必要ありません。

 

生活保護を受けている人は連帯保証人を探すことも困難な場合がありますので、これは本当にうれしいですよね。

 

生活福祉金制度にも審査がありますから、セーフティネットとしての役割がある制度ですから、返済計画があることをしっかりと説明する必要があります。

 

当たり前ですが、返せない人には貸してくれないのですね。

 

それでも、しっかりと返済計画が立てられるのであれば、生活保護を受けていてもお金を借り入れることが出来るので安心です。

 

これは市町村ごとに少しずつ必要な書類などが異なるので、まずは市町村に問い合わせしてみるのが一番確実な方法です。

 

またその他にも、街金と呼ばれる街の金融会社であれば生活保護を受けている人にも、お金を貸してくれるところがあるようです。

 

生活保護を受けていると、絶対にお金を借り入れることが出来ないと思っている方が多く、困っている方が多いようですが、このように有名ではない借入れ方法があるので、相談してみるのがいいでしょう。

 

◆誰でも借りれる?消費者金融ネット。ブラック、債務整理等で借りれるか不安な方へ◆ トップへ